ヒアルロン酸を鼻先へはどう?

ヒアルロン酸を鼻先へはどう?

日本人は顔の造りが欧米人に比べて扁平ですよね。
それはそれで可愛さもあるように思えるのですが、やはり欧米人のような凹凸のある顔に憧れる人が多いようです。

 

凹凸を付ける為に一番分かり易いのは鼻を高くすることでしょう。
鼻が低いことにコンプレックスを持つ人は多く、美容整形の部位別人気ランキングでも鼻は常にベスト3に入る部位になっています。
美容整形では人口軟骨を鼻に挿入するプロテーゼと言う方法が一般的ですが、美容整形よりも手軽に施術できることが出来る、ヒアルロン酸を注入する方法もよく知られています。
鼻を切開しないで済むので人気がありますよね。

 

鼻を高くしたい場合、鼻先にヒアルロン酸を注入すれば効果がよく現れる気がしてしまいますが、果たしてどうなのでしょうか?
結論として、鼻先はヒアルロン酸を注入するには向いていません。
まず皮膚が厚く、皮膚にゆとりがないので注入するのが困難であること。
さらに無理に注入してもヒアルロン酸が鼻の先に広がってしまい、いわゆるダンゴ鼻になってしまうのです。
こうした理由で、鼻にヒアルロン酸を使う時は鼻の付け根部分に注入するケースがほとんどになっています。

 

鼻先をどうしても出したい、という場合はレディエッセ注射という方法か美容整形ということになりそうです。
それぞれにメリットやデメリットがあり、リスクも勿論あります。
下調べをした上でよく説明を聞き、自分に合った方法を選択したいですね。